フロートその後

2016.10.17(Mon)

9日の釣果に、気をよくして、10日の夜ももフロート開拓に行ってきた。

巷は体育の日で、休みらしいが、俺にゃ関係ない、先行者が心配だったが、それも杞憂だった、震災前はナイトロックとか電気浮の人が居たんだけどなー、この日も、一人夜の海で、ゆうゆうとキャスト。

前日との違いといえば、フロート下のリーダーの長さが、3m、フロートリグのキャストの限界に挑戦してみたが、11ft竿だと、全然余裕。

ただ、投げれるのは良いが、当たりが取れない ^^;

ただでさえ、感度と操作性をど返しして、組んだロッド....

しかし、昨日と同じパターンで、フロートを、沖のストラクチャー際まで、流していると、時折バイトを感じる。

思っていたよりも、当たりは感じるものの、合わせが全く決まらず、悪戦苦闘。

それでも、何とか合わせを決め、待望のファイト!

ここで、来れば、メバル20cm以上は確定だと思っていたが、引きは今ひとつ.....

犯人は鯖だった、しかも、その後、怒涛の連発 (; ̄ェ ̄)

あまりのウザさに、写真すら撮らない、たまに、水面をライトで照らすと、大量に逃げ惑うベイト、こいつら全部鯖か......

まぁ、フロート検証は、終わったので、ベイトタックルに持ち替えて、テキサスにチェンジ!

ロックを始めて間もない頃、始めて、50UPを手にした沈み根、久しぶりにテキサスを入れる。

しかし、何か、イメージしていたのと様子が違う、どうやら、新しくテトラが入った感じ、しかも、何か浅くなった気がする。

まぁ、津波と工事の後だから、足場だけなく水中もだいぶ状況が変わったみたいだ。

気を取り直し、始めてのポイントのつもりで、一からボトムを取って沈み根調査。

そうこう、している内に、沈みテトラの穴の中で、何やら、バイト!

PE3号と、30LBのリーダーで、ゴリ巻きし、穴から強引に引きずり出す。

IMG_0562.jpg
久しぶりの黒ソイ、穴の中でかけて、やりとりに苦戦した割には、サイズがイマイチ ^^;

その後もゲームを続けるが、沈みテトラの穴をタイトに攻めすぎて、リグをロストし、竿じまい。

例年通りなら、ロックも良い季節、これからが楽しみ^^






にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
私のブログに一票を!!






IMG_0207.jpg
シマノ ワールド・シャウラ 1702R-2
シマノ カルカッタ 201
ライン PE3号
リーダー フロロカーボン30LB


ヒットルアー

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ナオ

Author:ナオ

プロフィール

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブログリンク

メールフォーム

相互リンク受付中!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑