実釣編その2

2016.08.08(Mon)

先週の釣行。

相変わらず、濁りとゴミが引かない外海、おかげて、先行者も無くて、ゆうゆうやれるんだけど、まぁ、目的は、自作ロッドのテストみたいなモンなので、仕事の合間をぬって、火曜日の中途半端な、日の高い時間にエントリー。

夏のデイゲームの定番、IP-18 アイアンプレートを、キャスト。

シャローで、根があるので、26では無くて18を使用、すると、1発ヒット!

渋い渋いと聞いていたが、そこは、ホーム、それなりに結果は出しますよ、俺 ^^

しかも、結構デカイ、ランカー行った感じだ、しかし、11ftのライトタックルで、PE0.4号って言う未知の領域、ドラグとレバーブレーキを駆使して慎重にファイトしながら、ロッドのしなりと、バッドパワーなどを、気にしながら、やりとりしていると、簡単にバレてしまった ^^;

その後、も同じパターンで、攻めるがノーバイト。

ゲーム開始で、すぐ良いのが来て、その後続かないパターン.....

そもそも、強い南東の風の影響もあるのが、柔らかくて、長い竿では、鉄板系は回転しやすくて、投げていてストレスだ、フェザリングして、ラインにテンションをかけてやると、最悪エビったりする事は回避できるが、タックルにルアーがあってない感じが、否めない。

同じブランクスで96の竿の場合は、ペンデュラムで、 IP-26をギリギリ、キャストできたが、11ftだと、穂先がブレすぎて、まともに振り切れない、もう少し、ハリのあるブランクスだったら、完璧だった。

まぁ、そもそも、ルアーウェイトが、1/16〜8/3なので、合ってないっちゃー合ってない、 IP-13や、VJ-16何かだと、キャストしやすい。

そして、投げなくても分かっていた事だが、ジグヘッド+ワームとは、ドンピシャな相性。

IMG_0483.jpg
久しぶりに、使用したが、R-32は、よく釣れる^^

ワームに頼って、ボーズは何とか回避できたので、この日は終了。

そして、懲りずに、水曜も行ったが、波が高く、おそらく川の護岸工事の濁りは入ってきていたので、竿は出さず。

木曜の夕マズメに、満を持してエントリーするが、まだ、波が高い、しかし、最近、試し投げをしている釣り座は、消波ブロックが、うまいこと波をいなしてくれているので、大丈夫だと思っていたが、まさかの、先行者、しかも、その後1人入ってきて、3人で並んで、釣ることに。

普段1人で釣りするのが、当たり前になっているので、何か妙な感じだった。

結果は、日が出ているウチは、全員ノーキャッチ、日が暮れて、汐が動き始めたくらいで、バタバタと、ヒットしたが、2本バラして終了。

釣果には恵まれなかったが、なんとなく、今回の自作ロッドのキャラクターが見えてきた、とにかく長くて、柔らく投げにくいが、魚のノリと、かけた後のやりとりでの、粘りは異様、何たって、たかだか300g設定の、ドラグが、ほとんど出ない(爆)

そして、明けて金曜は、久ぶりに、気合を入れて朝マズメに、ガチポイントに入って、これぞ、真夏の鱸釣り!って言う感じのゲームを堪能して来た ^^

つづく.....







にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
オラに釣果を! 釣りブログ 東北釣行記
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ナオ

Author:ナオ

プロフィール

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブログリンク

メールフォーム

相互リンク受付中!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑