1gの領域。

2015.11.17(Tue)

何となく、自作したアジングロッドに、ベイトリールを付けてみた。

IMG_0005_20151117181409aa9.jpg
思った以上に、馴染む!

IMG_0009_20151117181415c08.jpg
この、コンパクトさ!

IMG_0008.jpg
スケルトンパイプシートの括れが、トリガーの代わりになって、超極薄のリールシートに!

IMG_0006.jpg
パーミングも馴染みまくり!

そして、実際に投げたくなって、1号のフロロを、夢屋 BFS スプールに、25mだけ巻いて、作業場で試し投げ。

取りあえず、1.5gのキャロシンカーセット、そもそも、この重さでスプールが回転するのか疑問だったが、ロッドを平行にかまえ、クラッチを切ると、するすると、ラインが出て行く。

行ける!

そして、ブレーキを調節して、キャスト。

数投繰り返して、飛距離を計った所、アベレージ10m位。

3gにすると、さらにストレスなく、キャスト出来て、飛距離は20m近く出ている。

そして、1gの領域へ。

0.9gのジグヘッド+グラスミノーSを、セットして、ロッドを平行に構え、クラッチを切る、すると、この重さでも、するすると、ラインが出て行く。

こいつも行ける!

キッチリ、ロッドテップに重さを感じながら、キャスト!

思ったよりも、ちゃんとキャスト出来たが、距離はアベレージ8m位。

ん〜、俺的には、10m飛べば、港湾内での、アジングメバリングは可能。

そもそも、スピニングタックルなので、スパインの位置も逆だし、ガイドのセッティング自体、ベイトリールに合わない。

IMG_0011.jpg
ガイドの足が高過ぎる。

でも、これで、ここまで使えるのなら、ちゃんとベイト用にガイドをセットしたら、飛距離はさらに伸びる感じだ...... 色々妄想にかられてしまうじゃないか (* ̄m ̄)ムフフ

で、勿論夜は相馬港で実釣。

IMG_0012.jpg
1gのジグヘッドで釣りたかったが、以外に喰いが渋くて、結局キャロ^^

途中、LMさんも合流し、黙々と闇夜の中で、メバリング。

上でバイトが有るものの、アジみたいに渋いバイトで、なかなか乗らない、タックルを試すために、数釣り前提で来たのに、何で、こんな真冬の様な食いの渋さなんだ --;

IMG_0015_2015111718360073a.jpg
それでも、なんとか、今日一の、17、8cm位の奴。

その後も色々と試した結果、一番のストロングパターンは、フロートリグのノーシンカーで、水面直下で放置で、入れ食いって言う、予想外のパターンだった。

スピニングロッドに、ベイトリールを無理矢理付けた、タックルだったが、問題なく使えた、ラインも25m位しか巻いてないから、バックラッシュも怖く無いし、まぁ、飛距離はスピングには劣るが、ラインのメンディングは、ベイトの方が楽かなって感じかな。

あぁ、でもヤバイな、妄想が止まらない щ(゚ロ゚щ)





にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
私のブログに一票を!!
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ナオ

Author:ナオ

プロフィール

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブログリンク

メールフォーム

相互リンク受付中!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑