トルザイトリング

2015.05.20(Wed)

前回の記事で、最後の方に書いたが.....

IMG_1145.jpg
Fujiのトルザイトリングを買った。

ロッドでは無く、ガイドだけだ(爆)

総額、9,882円 ^^;

前回、作ったロッドで、破損した、トップガイドを頼むのに、ガイド1個だけ頼むのもなんなので、ついでに、興味のあった、最新のガイドを一緒に頼んでみた。

ブルーカレント78Mの、ステンレスSiCガイドをそっくり、トルザイトリングに入れ替える ψ(`∇´)ψ

IMG_1146.jpg
因に、上がステンレスSiCガイドで、下がトルザイトリング、フレームの形を大きさは、同じ、フレームがトルザイトリングはチタンで、リングが薄い。

IMG_1147.jpg
ステンレスガイドの重さに対して。

IMG_1148.jpg
トルザイトリングのこの軽さ^^

ガイド全部だと.......

IMG_1151.jpg
ステンレスSiCガイド。

IMG_1149.jpg
トルザイトリング!

早速、取り付け作業に入る所だが、前か気に入らなかった、グリップも、この際、交換してみる。

IMG_1144.jpg
ヤフオクでポチッた、カーボン調のDPS16リールシートと、EVAを適当に削って作った、フォアグリップ。

IMG_1153.jpg
グリップを容赦なく、ディスクグラインダーで割って取り外す、つーか、ヤマガブランクスのロッドは、作りが頑丈過ぎる、シマノやダイワのロッドをバラした時は、かなり楽にバラせた、国産の作りの丁寧さは、こう言う所に出るのかとしみじみ。

因に、トップガイドも、思いのほか頑丈に取り付けてあって、外す時にロッドテップを破損して若干短くなってしまった..... まぁ、今更、気にする所でも無いけど。

IMG_1154.jpg
そして、グリップとリールシートを、ブランクスにアーバーを巻いて、取り付け。

IMG_1152.jpg
はい、完成^^

IMG_1150.jpg
そして、黙々と、ガイドを巻き巻き、エポキシは2度塗りで、完全に硬化させて仕上げるまで、やく1週間。

今回は、デフォルトのガイドと同じセッティングなので、実釣してガイドのセッティングを出す予定は無いので、1発仕上げ。

トルザイトリングは、基本、元のステンレスSiCガイドを同じ物を同じ場所にそのまま取り付けた、そうすれば、ガイドの違いが明確に分かるから。

しかし、このトルザイトリング、SiCリングに比べて肉薄で、ガイドの内径が大きいので、リングをダウンサイジングする事が出来る。

なので、テップガイドを、4番から、3.5に下げ、5番の物を4.5番に下げた。

おかげで、かなり穂先が軽くなった。

そして、完成。

重さを計測して見ると....

IMG_1143.jpg
IMG_1158.jpg
何と、ガイドを軽くしたはずなのに、ロッドが重くなったている!

何て、実はそこも計算ずみ、あえてグリップを重い物にした、穂先を軽くし、グリップを気持ち重くして、バランスを取ったのだ。

IMG_1159.jpg
このバランス!

現場で握った時に、人差し指に丁度、支点が来る様になっている!


そして、衝撃の実釣は、また後日!





にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
私のブログに一票を!!
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ナオ

Author:ナオ

プロフィール

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブログリンク

メールフォーム

相互リンク受付中!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑