KRコンセプト ガイドシステム、セッティング

2015.04.19(Sun)

やっと、自作ロッドのガイドのセッティング。

前作のアジングロッドの時は、ソアレを参考にガイドを取り付けた、その前に、エクスセンスをベイトに改造した時は、Gクラ モンスタジェッティーを参考にした。

しかし、今回の奴は、96レングスで、ウェイト1.5g〜10g、メバルロッドではヘビー過ぎ、シーバスロッドではライト過ぎる、中途半端なロッド、無論、参考に出来るロッドは市販には無い。

しかも、なにも考えずに買った、ガイドセットは、最新のガイドシステムだし^^;

なので、1から自力でセッティング。

取りあえず、KRコンセプトについて、ググって色々調べること2、3日。

山ほどの情報が出てくるのだが、参考になる物は殆どなく.... 特に、知恵袋系のサイトは酷いね、知ったかぶりの墓場だあそこは^^;

一番参考になったのは、村田基氏の話(セッティングがシビアっー事)と、fujiの動画だった。



参考にした動画。

そして、ブランクスをベンドさせて位置決め。

IMG_1033_20150419204745560.jpg
このベンドカーブに、ラインがイイ感じで添うのを、イメージしてマスキングテープを貼って行く。

その後、前回の記事で書いた通り、スレッドを巻いてコーティング。

IMG_1103.jpg
テップ側のガイドは、偶然にも、アーリー95MLRFと、殆ど同じ位置になった、竿の調子が、ほぼ一緒なので、誰が位置出ししてもだいたい同じ感じになるのかな?因に、下の赤いスレッドが、自作ロッド。

そして、KRコンセプトの肝、バッドガイドの位置。

IMG_1104.jpg
ここは、アーリー95MLRFに比べて、リールから若干遠い位置になった。

たしかに、いざリールを付けると、位置が遠い気がする、これだと、ラインに角度が付かないので、キャスト時にラインがスムースに放出されそうだが、加重が掛かって、バッドまでベンドした時、殆どバッドが仕事をしない事になってしまう。

まぁ、とにかく投げてみない事には分からないので、夜に相馬港で試し投げ。

取りあえず、常夜灯周りで、ちっこいシンペンで試す。

使用感は悪く無い、ライトなブランクスとは言え、96のレングスに、テップガイドが4番リングって言うのは、小さい気がしたが、 0.8号のPEがスムーズに放出されて行く、いずれ0.6号に巻き直すつもりなので、ドンピシャな感じだ。

そして、問題のバッドガイドの位置、やはりリールから離れ過ぎていて、時おり、螺旋を描いて放出されるラインが、バッドを叩いてしまう。

ガイドを、もう少し、リールの位置に近づければ、ラインがバッドを叩く前に、螺旋をチョーク(絞る)できる感じだった。

それでも一応、試し投げ中にヒット^^

IMG_1100.jpg
しかも、ココでは良型の27cmのメバル Σ(゚Д゚)スゲェ!!

IMG_1101.jpg
シリテンバイブ 53 タングステン

しかも、この後、同行者のH先輩にドラマ魚が.......

詳しい、釣行内容は、黒ヒゲさんのブログで。

何とか、形になり、釣果にも恵まれたロッドだが、まだまだ、完成には遠い感じだ、今後現場で実釣しながら、セッティングを出して行く事になりそうだ^^




にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
私のブログに一票を!!



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ナオ

Author:ナオ

プロフィール

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブログリンク

メールフォーム

相互リンク受付中!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑