パンツにウェーダー --;

2012.07.29(Sun)

今日は野馬追、今年は仕事が立て込んでいて行けず.....しかし、釣にはしっかり行ってきた^^;

ポイントは久しぶりに、地元南相馬の海岸、夕マズメからエントリー。

地元は野馬追からみで、連休の企業が多いせいか、海岸線は今期1ってくらい、釣り人の車がポツポツ止まっている。

一週間まえに、干潮時合いに沈み根を確認していた、ゴロタ海岸に、久しぶりに入る。

おそらく、好調のハンチングポイントの近辺。

準備をしていると、ウェアー類を一切持って来て居ない事に気がつく、ウェーダーの下に履いているインナーを忘れて来たのは痛い、このクソ熱いのに、パンツの上にナイロンのウェーダーを直に履く事に....--;

履き心地は想像して欲しい。

ウェーディングジャケットの下も、ダボダボのTシャツのままで、グリップエンドがキャストのたびに引っかかって投げずらい。

冒頭から、この、駄目駄目感が、今日の釣を既に象徴して居た。

取りあえず、1投目からシーバスがヒット!

40cm位「小せぇ~なぁ」なんて、余裕遊んで居たらバレた。

相変わらず、居る事は分かったので、実績の無いルアーを試したり、相馬の回遊待ちでは殆どやらない、トップウォーターゲームなんかをしてみる、特に、リップルポッパーのただ巻きでの首振りは、最高でルアーを通すたびに、ベイトが水面を跳ねる、しかし、肝心の水柱は上がる事は無く、時間だけが過ぎる。

そして、水面からボトムへ、ヘビテキで沖の消波ブロック手前まで遠投して根周りを探る、コイツが、1投目から2バイト、しかし乗らず。

しかし、フルキャストしていたら、久しぶりのキャスト切れ、こんな事は滅多に無い、だが、それもそのはず、最近リーダーを変えて居なかった、釣果が出るのが当たり前になっていて、だいぶ釣が怠慢になっていた。

リーダーを巻き直して、ゲームを続けるが、ほどなくまた、凡ミスでライントラブル。

そんな、こんなで、日は暮れ始め、潮止まりで、ぱったりとバイトが無くなり、ノーキャッチで終了。

去年までだったら、40位のシーバスでも貴重で、必死でランディングしたもんだったが、その程度のサイズが普通に釣れる様になると、つい手を抜いてしまう、それ所か、手前まで寄せて「あぁ、小せぇなぁ~」なんて良いながら、キャッチもせずに、バラしてオートリリースして、余裕をかましている自分を、カッコイイとさえ思って居る感があった。

そもそも、釣が上手くなったワケでは無く、たまたま原発事故で、魚を獲らなくなり、魚影が濃いだけなのだ。

お陰で、今日は装備も忘れ、リーダーも古いまんまで、タングステンシンカーをロストし、あげくに釣れてあたりまえの状況で、ボーズって、言う、なるべくしてなる結果になった。

始めて、ソゲを釣って喜んでいた頃の、釣に戻ろうと思う、そんな野馬追の日の夕暮れ.....パンツに安物のウェーダーはもう勘弁だ。

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
釣りブログ 東北釣行記
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ナオ

Author:ナオ

プロフィール

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブログリンク

メールフォーム

相互リンク受付中!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑