今日もシーバス、明日もシーバス。

2010.06.22(Tue)

今日も、夕方から地元メジャーポイントでシーバスゲーム。

結果は、チェイスのみ、バイト無し、相変わらずゴミが多いです。

昨日はバイトのみ、今日はチェイス、明日こそランディングと行きたい所。

だが、今日は事件が!



状況は今日も満員御礼、ピーク時は10人位いたんじゃないか?珍しく投げ師はいなかったが。

ギャラリーを含め、路駐が半端ない、この御時世でこの状況が許される、このユルさ、いつまでもこうあってほしいものです。

足場の高いテトラからのシーバスゲーム、みんな黙々とロッドを下げ、ミノーを引きます。

しかし、俺の隣の人だけ、時折ロッドを立て、リフト&フォール。

そして、50UPのマゴチをかけ、一人ゆうゆうと帰っていくじゃないですか!

カッコよすぎ。

明日は、俺もワーム持ってこよ^^;

何でも、今日はココで2本目の50アップらしい、実はさりげなく連日釣れているとか。

地元では今年はフラットはアタリ年らしい。

そんな、地元釣りオヤジ達の与太話。


今日は、開始前に車で準備していると、となりにイイ感じに子汚くワンカップの似合うおっちゃんが軽乗用車で乗り付けてきた。

車を降りるなり、きさくに物怖じなく話しかけてくる、最初は投げ師なのかと思ったら...

そのボロい軽から取り出したるは、シマノ オシア AR-Cシマノ ステラ

なにぃ!

ベテランかよ!

終了ご、片付けをしながら話をしていると、父親の名前を出すなり、知っているらしく、ギャラリーのおっさんも含めて、長話に....

俺は、この人たちの事など、全然知らんのに。

長い間、東京で暮らしていて、昨年から地元でシーバスフィッシングを始めたと言うと、聞きもしない事もで、親切に押してくれた、この人たち、サーフの沈みテトラから、沈み根、何時何処で何が釣れたかまで詳細に把握していやがる(笑)

知らない人間には言わないような、マル秘ポイント、メソッドまで、教えてくれた。

師匠と呼ばせてもらおう。

つーか、長いこと話し込み過ぎて、今日の相馬港メバリングは中止になってしまった。

明日も晴れるといいな。






関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ナオ

Author:ナオ

プロフィール

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブログリンク

メールフォーム

相互リンク受付中!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑