fc2ブログ

スコーピオンXT1501 オーバーホール

2011.04.20(Wed)


deps緊急災害募金「未来基金」


そろそろ、スコーピオンXT1501 オーバーホールしようと思い、バラしました。

P1000558.jpg
やく、1年半、ほぼノーメンテでゴリゴリのジャリジャリです。

工具はドライバー数本と、ラジオペンチ、ピンセット、これは必須。

メイホウの丸ケースは、パーツの整理、汚れを落とすための漬け置きに便利です。

潤滑油類は、無難に シマノ リールメンテスプレー (セット) SP-003Hと、汚れ落としに、CRCクレ5-56、キッチンペーパーと、PC用のエアーダスター

本当は、洗浄剤はもうちょっと、気の利いた物でやりたかったのですが、こちとら原発の影響で、そんな物が手に入る状態ではない(--怒)

そこで、信頼と実績のCRCクレ5-56なワケですよ、しかしな~あまりに仕事臭がキツイので、趣味には洗浄剤と言えど、嗜好品を使いたかった。

P1000559.jpg
こんな感じで、クレ5-56につけ置きです、繊細なベアリングであろうが、容赦はしません。

因に、5-56に樹脂パーツはNGです、確実に劣化します。

後は、細かい部品が多いので無くさない様に注意です、とくにスプリング系は外した時に飛んで行ってしまったなんて言ったら目も当てられません。

自分もドラグのカリカリ音を出すピンを無くして探すのに苦労しました(-_-#)

P1000566.jpg
カリカリ音を出すピンです。


P1000560.jpg
メインギアが、塩でエライ事になっています(・_・;)

P1000562.jpg
ローラークラッチベアリングもドロドロです (゜д゜;)

このベアリングは、反対に付けるとハンドルが逆回転になっていまうので、地味に注意が必要です。

各パーツは、5-56に1時間ほどつけ置きし、エアーダスターで、油分を飛ばします、このエアーで飛ばすのがミソです、ウエスやキッチンペーパーで拭いてしまうと、細かい糸くずなどが付着してしまいます、テッシュなどはなおさらNGです。

この時、エアーで油が飛び散らない様に、キッチンペーパーでくるむ様に持ちながら、エアーを吹き付けると、ベストです、5-56は揮発性が強いので、エアーでだいたい乾いてしまいます。

P1000563.jpg
ベアリングです。

おそらく、リールにおいて、アングラーの方々が一番拘る部品でしょう、ある意味信仰の対象に近いかもしれません。

しかし、自分はたいして拘りも無く....職業柄ベアリングなんか消耗品くらいにしか感じません^^;

容赦なく、グリスを落として、全く油の無くなった状態で軽く回してみたりします、案の定、シャーと異音が...

写真の様に、ピンセットで固定し、シマノの純正オイルを垂らして、指で軽く回しオイルを馴染ませます、すると、あっという間に、あの異音が静かになって行きます。

あとは、組むだけ。

P1000561.jpg
景気良く、グリスアップしてみました、ギトギトです、この位やら無いとバラしたかいが無いってもんです、ただ、ドラグワッシャーに油分が入って行かないかだけが心配です^^;

P1000564.jpg
完了です(´ε` )~♪

スプールの回転も巻き心地も、見違えるようになりました。

しかし、個人的には、グリスはもうチョイ固めも方が好みです、シマノの純正グリスは、思っていたよりもサラサラした感じです、巻き心地はユルいオイルの方が、軽くなりますが、個人的には塗り立ての時位、ハンドルを回した時にグリスの「ネチョ感」の「グリスが利いている感」が欲しい所です、まぁ、そんな事をリールに求めて居るのは自分くらいでしょうけど。

因に、グリスはギアやシャフト、オイルはベアリングに使用します。

最後に、オーバーホールは自己責任でお願いします、基本バラして、汚れを落とし、グリスアップして組み立てるだけですが、この手の作業は、リールの構造をある程度理解する事、クラッチを切った時の各パーツの動き、ハンドルを回した時、各ギアはどの様に動作するか?などを、イメージしながら分解すると、部品一つ一つの意味合いや、パーツを組み付ける時の向きなど、組み立てる時に容易にイメージ出来るからです、くみ上げたらパーツが余ったなんて事も無くて済みます、いくら手先が起用でも、これが出来ない人は、オーバーホールはメーカーに出した方が無難だと思います。

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
私のブログに一票を!!



あると汚れ落としに便利ヽ(*`ェ´*)ノ


パーツの整理に。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT

みるいずむ #-

はじめまして
スコーピオン オーバーホールで検索してこのblogを見つけました。

質問なんですが、ローラークラッチベアリングひどうやって外されたのでしょうか?
自分で古いスコーピオンをOHしようとしたのですがどうしてもそこだけが外れずorz

2011.08.05(Fri) 16:18 | URL | EDIT

ナオ #-

みるいずむさん、こんばんわ。

> はじめまして
> スコーピオン オーバーホールで検索してこのblogを見つけました。
>
> 質問なんですが、ローラークラッチベアリングひどうやって外されたのでしょうか?
> 自分で古いスコーピオンをOHしようとしたのですがどうしてもそこだけが外れずorz

コメントありがとう御座います。
固いだけだと思いますよ、親指で思いっきり押せば外れると思います、現行のスコ1501は、ボディーの外側にも内側にも外れます。
他のベアリングみたいに、ピンセットで摘むくらいじゃ外れない感じです。

2011.08.05(Fri) 21:51 | URL | EDIT

みるいずむ #-

ありがとうございます。
おかげで無事外すことが出来ました。

流石に今まで未開の地でした初代1500の中身は腐海でした…orz

2011.08.05(Fri) 23:50 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

ナオ

Author:ナオ

プロフィール

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブログリンク

月別アーカイブ

メールフォーム

相互リンク受付中!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑