fc2ブログ

ロックフィッシュシンカー

2011.01.18(Tue)

P1000477.jpg

最近の、地元釣り具屋のにーちゃんの話し。

「最近、みんな鉛のナツメや玉錘を買うから、タングステンのバレットシンカーなんて全然売れない」

不景気って事なのか?

無論、金銭てきな面も否めないのだろーけど。

それは、否!

自分も、ロックフィッユのテキサスリグは、鉛4号の玉錘に辿り着いた1人。

始めの頃は、タングステンバレットシンカーだったが、ラインをPEに変えてから、シンカーが何であるにしろ、感度は殆ど変わらなくなった。

そもそも、バスフィッシングの様に、ウィードやアシを打つ訳ではないので、砲弾型である必要が無い。

とくに、自分がごひいきにしている、相馬の沈みテトラポイントでは、玉錘の方が圧倒的に根がかりしない、最近は1夜で、1個ロストする位、今までどれだけのタングステンシンカーを太平洋の藻屑にしたことか.....(-_-;)

値段も10倍位違うf^^;

あと、駆け上がりや、沈み根の傾斜を、ずる引きする時、玉型の方が砲弾型よりも、ゴリゴリとボトムの質感が伝わって来るので、使いやすい。

ただ、ウィードのすり抜けだけは、砲弾型に軍配が上がる。

じゃあ、ブラスはどうなんだ?った話だが、鉛よりも遥かに軽い比重から来るアクションと、あのカチカチと言う独特の音で、他の材質には出せない用途があると思うのだが、今の所、自分の釣には見いだせない。

唯一の懸念は、鉛は環境に悪いって事だけ。

しかし、今となっては「シンカーは感度が良くて根がかりしない、環境にも優しいタングステンを使おう!」なんて言う、メーカーのマーケティングにまんまと、乗せられた感じだ
( ̄へ  ̄ 凸

エコを否定するワケでは無いが、行政や大手メーカーが高々と語る「エコ」って奴には、利権が見え隠れするので、イマイチ胡散臭く感じる。

竹中平蔵かだれかが言っていたが、「経済の基本は国民に、お金を使う口実を与える事」だそうだ。

まぁ、そこもふまえた上で、高価なタックルを使用することは、釣業界に貢献する事になる訳だから、ある意味、大人の甲斐性ってな気もするのだが。

とにもかくにも、殆どロストしない、安い鉛の玉錘、環境に優しいが以外にロストする高価なタングステンシンカー、自分は前者を選んだ。

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
私のブログに一票を!!









関連記事
スポンサーサイト



COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ナオ

Author:ナオ

プロフィール

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブログリンク

月別アーカイブ

メールフォーム

相互リンク受付中!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑