fc2ブログ

しゃけぇ~( T_T)o/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~

2010.10.06(Wed)

今日は、何とか仕事を方付け、夕まづめシーバスフィッシング。

昨日、偵察済みのポイント。

先行者は3名、足場のイイ堤では、珍しく子供の姿が。

準備をすませ、エントリーするも、良さげな場所には、すでに先行者が....

すると、沖のテトラの方で、ボイルが!



潮回りは、下げに入っているので、沖のテトラに渡り、ボイルポイントまで、なんとか移動。

気ばかりが焦り、途中テトラの上でベタに足お滑らせ、リールを強打(T_T)

軽く、相馬のシーバスあるある。

嗚呼、俺のブラディア3000が....

何とか、ポイントまで到着し、数投キャスト、ルアーローテーション中に足下でボイル!

が、しかし、焦ってしまい、ボックスからルアー出す際に、フックを引っ掛けてしまい、カレントマスターDR9Fを、テトラの中に落としてしまう....またも、シーバスあるある。

結局、バイトもなく、暗くなる前に、岸へ退散。

すると、先行者が帰りだし、入れ替わりで、ポイントに入る。

18時も回り、辺りもすっかり暗くなりだした。

キャストしだして数投、ガツンと根がかり...

「砂しかねーだろココ」なんて思いつつ、根がかりを外そうと思い、かるくトゥイッチしていると、何やら生体反応(・_・;)

根がかりだと思ったら、実はバイトだった、そんなシーバスあるある。

さておき。

ロッドが、弧を描き、ドラグが鳴りだす!

今まで経験した事が無い、デカイ獲物が掛かった!

信じられない位デカイ、これが、ランカーって奴なのか?

締めても締めても、出て行くドラグ、走るワケでも、エラ洗いするワケでもなく、ただひたすら沖の方へ潜ろうとする獲物。

途中ドラグを締める事さえ怖くなり、ただただ、弓なりのロッドを抱えるだけで何も出来ないまま時間がすぎて行く。

殆ど綱引き状態。

それでも、何とか、足下のテトラの手前まで寄せて来たが、ここで、バレた....

全身から、汗が吹き出し、体中の震えが止まらなかった。

そして、ルアーを結び直して、またキャスト。

これが、よけいだった。

リーダーにダメージがあったらしく、数投でキャストぎれ、サスケ殉職。

あえなく撤退....釣りでこんなに疲れた事はない。

とにかく、打ちのめされた、そんな感じ。

シーバスだったらどの位のサイズだったのだろうか?それともヒラメかエイか?

そんな思いを馳せながら、帰りにルアーを補充に、釣り具屋へ。

すると、店員から、その答えが。

「鮭が上って来ているので、河口での釣りはもう禁止ですよ」

あれは、多分、鮭(アキアジ)だった。

そう思うと、なんとなく、胸のモヤモヤがとれた。

もう、そんな季節か(´д`)

その他、東北の釣り情報はこちら。

殉職者






関連記事
スポンサーサイト



COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ナオ

Author:ナオ

プロフィール

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

ブログリンク

月別アーカイブ

メールフォーム

相互リンク受付中!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑